ワイズメンズクラブ国際協会西日本区 THE INTERNATIONAL ASSOCIATION OF Y'S MEN'S CLUBS Japan West Region

EMC事業委員会

2018-2019年度 EMC事業主任

小野勅紘(西宮)

事業主題

『NGT98』作戦!

-〔N〕賑やかな例会に(C)、〔G〕元気で若々しく(M)、〔T〕楽しい友達を(E)、〔98〕人、お招きしましょう
<ともだちのトモダチは皆Tomodachiだ!>

<長期主題>

  

Y's Men's Windows 100(→2022)
  -2022年のワイズ100周年迄に、100クラブ+2022名を実現しましょう!-

<年度目標>

  

純増98名以上(増員196名以上。ドロップ98名以下)
  新規チャーター数:2クラブ(設立委員会立ち上げ数:4クラブ)

<長期目標>

純増486名以上(2018.7-2022.6の4年間)
  (増員972名以上、ドロップ486名以下)
  純増486名以上(2017.7-2022.6の5年間)
  (増員972名以上、ドロップ486名以下)
新規チャータークラブ数:15クラブ(2022年6月で100クラブ)

事業方針

  1. 楽しく多彩な例会作りにより、メンバー・ゲストの親睦を推進
  2. 各部内で同期会(仮称)の開催提案をし、クラブ以外での情報交換の推進
  3. 各部と連携しEMC推進チームを支援し推進
  4. 青年会員の獲得推進
  5. 2022年に2022名+100クラブを達成
  6. YES献金達成

事業計画

  1. 楽しく多彩で魅力的な例会作りによりゲスト参加型でメンバー・ゲストが親睦できるものとする
  2. 各部で入会期毎(2?3年以内)の同期会(仮称)の開催提案をし、クラブ以外での情報交換親睦を図る。(各部年1回程度の開催)
  3. 各部と連携しEMC推進チームによるシンポジウム開催によるEMC推進
  4. 入会動機・ドロップアウトの原因を調査して共有
  5. ユース(リーダー)経験者へのワイズメンズクラブ紹介
  6. 西日本区ホームページ等視覚からワイズメンズクラブを知ってもらう。
  7. 期首200名の増員、5クラブのチャーター
  8. YES献金達成を目指す(500円/1人)
  9. 例会充足率の算定(メンバー・ゲスト・ビジター・メネット・コメット)÷メンバー数

第22回西日本区大会における表彰基準

  1. EMC事業最優秀クラブ賞:EMC事業に最も貢献したクラブ。
  2. EMC事業優秀クラブ賞:EMC事業に貢献したクラブ。
  3. ノンドロップ賞:期間中退会者を出さなかったクラブ。
  4. 年間出席率90%以上達成クラブ賞:年間期間中出席率の平均90%を達成したクラブ。
  5. 青年会員獲得賞:40歳以下の会員を獲得したクラブ。
  6. EMC事業パートナー賞:過去に3名以上を入会に導いたワイズメン。(自己申告)(年間3人というブースター賞のハードルを軽く達成しやすくして普及を図る)バッジ贈呈。
  7. 例会充足率最優秀クラブ賞:もっとも例会充足率の高かったクラブ

EMC事業委員会

No. 氏名 所属クラブ 役職
1 小野勅紘 西宮 事業主任
2 三科仁昭 京都東陵 直前事業主任
3 牧野篤文 京都トップス 次期事業主任

EMC事業主査

氏 名 所属クラブ
中部 塚本浩巳 四日市
びわこ部 岡田定一 近江八幡
京都部 山口雅也 京都キャピタル
阪和部 内田勝久 奈良
中西部 和田早苗 大阪高槻
六甲部 柏原佳子 芦屋
瀬戸山陰部 蔵知 晋 岡山
西中国部 金子敏郎 広島
九州部 岩本守弘 熊本ヤング

事業通信(PDF)

第1号(2018.07.01)
特別号(2018.07.10)

EMC集計(PDF)

EMC事業諸届け用紙
ダウンロードページへ
歴代の事業主任
←前期・次期→